CURRY UPへ急げ

というわけで、今日は原宿です。明治通りを竹下通り口から新宿方面へ向かい、千駄ケ谷小学校の交差点の信号を右折して10m。インドカレーのCURRY UPはあった。店内は白を基調として今時のカフェっぽいデザインに仕上がっていて、エスニックさは封印されている印象。一見しただけではインドカレー屋さんには見えない。特徴的なのはその盛りつけ。お皿は横に細長い楕円形。人気メニューの2種類のカレーなら、お皿の左側からルー、ライス、ルーが、2:6:2の割合で盛られている。見た目的にもオシャレで、インスタ映えするような盛りつけだ。

今日はバターチキンとやさいのコンビを注文した。バターチキンは、スパイスが効いているが、インド人の作る粗さがなく日本人向けに丁寧な仕上がりになっている印象を受けた。やさいカレーは、トマトベースの甘めのスープといった印象で、食感はサラサラしてスープカレーのようだ。一方味はスパイス感がほとんどなく、とても優しい味に仕上がっている。うちの娘たちに食べさせてあげたくなってくるカレーだ。全体的にあっさりしているので、ついついお代わりしたくなってくる。比較的女性客が多いのもうなずける。

ルーが両端に盛り付けられているので、両端から中央のライスに向かって食べていく流れになる。そういう意味では、初めて食べる食べ方だった。近くにきたら、また寄ってみたいカレー屋さんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする