TAGO CURRY(タゴカレー) 熊本

人生初の熊本出張で、熊本に来ています。事前によく調べもせずに来てしまったため、ランチを食べる時間がなく、貴重なランチを食べ逃してしまうことになった。実は福岡空港には鉄道が乗り入れていたので、てっきりここもそうなのかと……。

私大きな勘違いをしていました。熊本空港から、熊本市街までてっきり電車で来れると思っていたんですね。熊本空港に着いてから、電車を探したのですが全く見つからず。13:00からの打合わせなのに、飛行機が30分遅れたこともあり、着いたのが12:00過ぎ。それで急いでいたのですが、結局電車はないということがわかり、慌ててバスに飛び乗りました。すると車内アナウンスが流れました。

「本日はご乗車ありがとうございます。熊本駅までの所要時間は60分を予定しております。途中の交通事情により……」

せっかくランチで熊本のカレーを堪能しようと考えていたのですが、飛行機の遅延と空港からの所要時間の読み違えにより、その時間がなくなってしまったどころか、打合せに遅刻してしまう羽目になってしまいました。取り合えず飛行機が遅れなけらば間に合っていたので、遅刻の責任は飛行機になすりつけ、お客様に遅れる電話を入れたのでした。

そして、やっと仕事から解放されたのが夜の20:00頃。その空腹ぶりといったら。ピークを過ぎて逆にそうでもなかったという落ち。とにかく、せっかく熊本まできたんだ。普段肉はあまり食べなけど、上等な馬刺でも食おう。それから、締めにカレー屋をハシゴでもしようか。流石に馬刺からのカレーのハシゴは厳しいだろうか? 40才を過ぎた自分の胃袋のことを考える。だったら、馬刺、カレー、ケーキで締めるのも悪くない。時間も時間だから、馬刺と1件目のカレー屋を決めて出よう。あとは、胃袋に聞きながらだな。

パソコンで「熊本 馬刺」と検索。色々と出てきたが、地元の人で賑うという「馬肉郷土料理けんぞう」に決めた。カレーは食べログでも3.51の評価がある「TAGO CURRY」に。時間はもう20時になろうとしていた。ホテルから出て裏手の大きなアーケード通りを南へ向かう。どうやらこの辺りは、中心街のようだ。初めて訪れる街は、同じ日本なのに歩いているだけでワクワクする。お店のバラエティーや流行の捉え方など、東京と比較すれば目新しいものは特にないのにから不思議だ。唯一明らかに違いがあるのは書店の棚だと思う。地方の書店には、必ずと言っていいほど地域コーナーがある。そこには、東京ではあまり見かけない地元出身の作家や有名人の書籍がおかれていて、これを見ているだけでも旅の実感を味わうことができるのだった。

けんぞうはビルのB1にあった。階段を降りてドアを開けると、店員のおばさんがカウンター上の皿を片付けているところだった。「ちょっとお待ち下さいね」と声をかけてくれた。店内は地元の居酒屋といった内装で、観光客相手の感じではないところがいい。席へ着くと馬刺と刺身の盛合せ、それからサラダを注文した。しばらくして運ばれてきた馬刺は霜降りのハムのように見えた。厚く切られた馬刺しを一切れ口へ入れる。まだ完全に解凍されていないようで歯応えもハムのようだった。本場の味に期待をしていたが少し拍子抜けした。まあ、こんなものかな。中途半端に解凍されたものを出すなんて、たいした店じゃないのかもしれない。この時はそう思った。それから、地魚の刺身が出てきたので、そちらに箸をうつす。刺身を食べたり、サラダを食べたりしているうちに、馬刺に変化が起き始めた。俄かに艶を帯びてきたような気がする。間違いない。部屋の温度で肉が解凍され、本来の霜降り馬刺しの艶がでてきたのだ。一切れ箸につまむと、明らかに箸に伝わってくる肉の感触が違った。ハムのようだった先ほどとは違い、コンニャクゼリーのような柔ささになっていた。食べる前から唾が出てくるのがわかった。その一切れを口に入れる。噛むごとに霜降り肉から、良質の脂が溶け出す。美味いという必要はなかった。目を閉じて、味覚だけの世界に浸っている自分がいた。そうか、これが馬刺しだったんだ。本場の馬刺しに出会った瞬間だった。家に帰ってから妻にこの馬刺しの話をしたら、馬刺しというのは店で頼むと、やや凍った状態で出てくるから、しばらくおいてから食べるものだと教えてくれた。たいしたことないのは店でなく私だった。さて、あまりここでゆっくりはしていられない。次は、メインディッシュのカレーを食べにゆくのだ。大体腹5分目というところだろうか。問題ない、少なくとも1皿は余裕だ。

けんぞうから歩いて2分ほど。TAGO CURRYは、メインストリートから外れた、スナックなどがあるやや暗くて怪しい感じの路地にあった。スマホで場所を確認しながら歩いていたが、どうやら建物を通り過ぎてしまったようだ。今度は注意しながらゆっくりと来た路地を戻る。すると右側の建物の前にひっそりと、TAGO CURRYの立て看板がおいてあった。通りから2階への階段を上ると、廊下の一番奥にしっぽりとオープンしていた。木製のドアに、縦長に取り付けられたパイプ製のノブ。そして、ドアの上にあるTAGO CURRYのネオン看板。そこには「インド風カレー」と書かれていた。どう見てもスナックの居抜きだった。旅先で出会うのカレー屋としては、最高のシチュエーションじゃないか。ドアを開けると、先客がカウンター席に1人だけだった。時刻は21時近い。この時間にカレーを食べにくる客は多くないのかもしれない。店内は7人入れば一杯になってしまう程の広さしかない。カウンター席について、メニューを眺めた。いきなり目に飛び込んできたのは馬キーマカレーだった。マジか! どうやらここのオススメらしい。馬か……。トライしたい。でも、今日はもう馬刺しをたいらげてきた。迷った末、野菜とひよこ豆のカレーを注文した。カウンターの向こうにいるマスターは50代前半だろうか。背は高くやや痩せ型。白毛混じりの短めの髪にメガネという風貌。インド風カレー屋の店主というよりは、サラリーマンにいそうな感じだった。客への対応は腰が低く、真面目な印象。この人からどんなカレーが出てくるのか楽しみだ。

「お待たせしました」と、カウンターの上にカレーが出てきた。皿を地球に見立てるなら、北極にアーモンドを横にしたような形で、サフランライスの山脈が連なり、それ以外を野菜たっぷりのルーの海が支配していた。地球温暖化により南極の氷がとけ大陸の大半が、海に沈んでしまったような景色だ。ユーラシア大陸はジャガイモとニンジンでなどで形成され、南米はほうれん草がルーに浸りながら熱帯雨林らしきグリーンをアピールしている。そしてオセアニア周辺にはナスとひよこ豆が浮かぶ。その野菜たっぷりの海へ、神の如くスプーンを入れ、一気に海を口へ運んだ。それはとても大人なスパイスだった。インドカレーのような異国情緒は抑えられ、丁寧に作られたオリジナルなスパイスカレーが展開されている。さっぱりとして野菜の甘みが熟成した味は、マスターの人柄を表しているようにも思える。今日1日を締めくくるのにぴったりの味だった。私は、店を後にし、ホテルへ向かった。あー、満足満足。今日はもう十分だ。ハシゴできなかったから、その分は明日へ回そう。明日のランチが楽しみなのであった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする