田町のデウラリバッティ

田町駅の北側。狭い路地に飲食店が立ち並ぶエリアに、目指すネパール・インド料理のデラウラリバッティがあった。お盆ということで閉店している心配もあったけど、ちゃんと開いててくれた。大手には目立つ看板はなく、うっかり通り過ぎてしまいそうな立て看板が一つ。店は地下にあるようだ。

店は外国の人(おそらくネパール人?)と思われる方が仕切っていた。ランチメニューは2パターン。ネパールランチとインドランチだ。ここ最近ダル(豆のカレー)を食べていなかったので、ネパールランチのスペシャルダルバートセット(1000円)をたのむ。これは、チキンカレーと野菜カレーとダル、それに副菜、ドリンクがセットになっている。そしてダルとライスはおかわり自由とのこと。ボリュームは文句なし。

天井近くにあるTVでは、なぜか夏の高校野球、東海大相模 VS 中京学院中京の試合を流している。白熱する試合についつい見入ってしまう。と、その集中を遮るようにカレーが運ばれてきた。

それでは、久々のダルから味見する。うん、煮込まれて半分ペーストになった豆の舌触りは久々だ。ほのかな酸味と自然な甘さがダルの特徴といっていい。でも煮詰まって塩味が強いのがもったいない。客が少ないからか?

つづいて野菜カレーを試す。スパイス感少なく自然な味付けになっている。カレーというよりは野菜スープといった感じだろうか。

チキンカレーも同じく、スパイス感少なく、出汁のよくでたチキンスープのようだ。チキンは煮込まれていて、まあまあのやわらかさ。

全体的に、スパイスは控えめで素材の味を活かす味付けは、パンチの効いたインドカレーとは対象的だけど、これはこれでいいと思う。

ごちそうさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする